FC2ブログ

動画百式-厳選動画を紹介

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

悲惨なことになりすぎているピザの衝撃画像 

ピザのグロ画像と言ってもいいであろうピザの衝撃画像。オーブンを開けてピザがこんなことになっていたら…そりゃ写真を撮るしかない。ピザを注文してこんなことになっていた日には、何かととんでもないことになりそうです。皆さん、自宅でピザを焼くときは十分に気をつけましょう。
【情報元:エログちゃんねる様(+18)】

車の運転席に座るとカオスモードに突入する危ない男 

見た感じ好青年のような印象を受ける男性だが、車の運転席に座ると豹変。そのクソカオスっぷりに圧倒されてしまう動画。仮に助手席に自分が乗って、運転手が急にこんなことになったら、車が走行中でも飛び降りてしまうかもしれない。

大量のモスラが街灯に集結している気持ちわる~い映像 

身近に生息する巨大な蛾「クスサン」が、ショッピングモールの街灯で集会をしている鳥肌が立ちそうな映像。クスサンは開帳すると10cm以上にもなるらしい。それにしても何でこんなに大量の蛾が・・・キモすぎる。 (Wikipedia:クスサン)

巨乳・爆乳っていうレベルじゃない!エロ漫画のようなリアル奇乳 

本物?偽物?ってことはこの際どうでもいいとして、生活に大きく支障が出るほどの奇乳の女性。仰向けで寝てて顔に転がってきたら窒息するんじゃないかと余計な心配してしまう。これもストライクな人は本当に希少種だと思う。

ギャグホラーの傑作!江戸川のエドちゃんが怖すぎるぞw 

江戸川に出没するエドちゃん。大量にいてます。けどこのエドちゃん・・・めちゃくちゃ怖い!ツッコミどころ満載w とりあえずムチャクチャすぎる。まさにギャグホラーの傑作といえる作品。エドちゃん怖えぇぇ。 (2007年1月24日アップ分)

日本妖怪物語 ~日本の妖怪をスライドショーで一挙紹介~ 

少し前から何気に妖怪ブームとなっている日本列島。今年もゲゲゲの鬼太郎や河童のクゥなど映画も頻繁に公開されている。そんな日本の妖怪をスライドショーで一挙紹介してくれる動画。心臓は悪くないけど、頭の悪い私は大丈夫でした。

いつもオナラが聞こえる謎のトイレ 

誰もいないはずのトイレから、聞こえるはずのないオナラの音。ちょっぴり高い音で男女共に出やすい音のパターン。まあオチは予想通りでしたが、とても親しみやすい音だったので、ほとんど違和感がないです。これは疑っても仕方がない。

ブヨブヨに太りすぎた女の子 

太りすぎと痩せすぎ・・・どちらが生きていく上で困難かを検証した番組が昔ありましたが、太りすぎは本当に大変です。自分で起き上がれなくなったりすると危険です。けどそうなっても一人で食べることができちゃうのが、大きな問題なのかもしれない。

未知との遭遇・・・エイリアンと人間との格闘映像w 

「不思議どっとテレビ。これマジ!?」で放送された「エイリアンと人間との戦い」が記録された映像。元は海外のテレビ番組で作られた再現ビデオらしいですが、真剣に見れば見るほどおもしろい。こいつらなら勝てそう気がする! HOLY SHIT HOLY SHIT


江戸川のエドちゃんは超危険!決して近づかないように。 

2003年4月、荒川に現れたアゴヒゲアザラシのタマちゃん。けどこの動画は、江戸川に出没するエドちゃん。大量にいてます。けどこのエドちゃん・・・めちゃくちゃ怖い!ツッコミどころ満載w グロイかもしれないので、苦手な人は見ないように。


伊豆の珍名所「怪しい少年少女博物館」探訪記 

「怪しい少年少女博物館」。かつてペンギン博物館と呼ばれていた建物。入館料1000円で昭和レトロを体感することができるみたいですが、・・・どこか違う。ファービーや、AIBO、そして美少女フィギュアまで陳列されている。


人間スタンガン 手から電気を放つことができる男 

手から電気を放つことができるこの男。こんな能力があれば嫌いなやつをビリビリとやってみたい。威力はどの程度のものか全く検討がつかないですが、「スタンガンってレベルじゃねえぇぞ!」というレベルまでいきたい。


あんた!透明人間ならこんなことしてないでアレしなよ! 

透明人間・・・一生透明のままだと嫌ですが、一時的になれるものならなってみたいです。そして姿が見えているときにはできないことをしまくりたい。けど他人から見えないから、本気で注意しないとすぐに死にそうなのが怖い。この動画みたいななんちゃって透明では満足できない。

フェンスをすり抜けて逃走したゴーストカー 

一台の車とパトカーのカーチェイス。逃走する白い車は何度か急なターンをして、パトカーを振り切ろうとするが、なかなか振り切ることができなかった。しかし突如左に曲がった逃走車は、何故かすでにフェンスの向こうを通過していた。もちろんパトカーはフェンスの前でストップ。なぜあの車は通過できたのだろうか。




人気ページランキング


アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。