FC2ブログ

動画百式-厳選動画を紹介

月別アーカイブ  [ 2007年06月 ] 
≪前月 |  2007年06月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

日本人女性の理想ボディはブスドル藤子まい? 

日本人女性の理想のボディを追求するというものの、中途半端で終ってしまった企画。あのブスドルの藤子まいの3サイズを計測、ボディに自信満々の彼女だが、サバの読みすぎが発覚。結局は粘土で理想のボディを作成してしまった。

戦国武将のド派手でイカス「兜」特集 

花の慶次でもお馴染みの直江兼続の「愛」の文字がドドーンと付けられている兜をはじめとするド派手でイカス「兜」から、上杉謙信が自らが設計した高性能の兜までをパンパカパーンと紹介してくれる映像。これにあのナポレオンの剣を装備すれば完璧だ。

交互に喘ぐセクシーウェイトリフティング 

巷ではビリーブートキャンプが大流行ですが、こうやってジムに通って、黙々とトレーニングってのもやはりいいものです。ただ目の前で男女が交互に喘ぐセクシーなウェイトリフティングなんかされた日には、目のやり場に困ってしまうに違いない。

武田信玄に仕える女忍者のお色気作戦「褥の技」 

武田信玄の一族に甲賀忍者の流れを汲む望月千代女という女性がいた。信玄は彼女に女忍者教室を作らせ、忍術や護身術を教え、女忍者を育成していたらしい。そこでは男から極秘情報を入手するための究極の作戦「褥の技」も伝授されていた。

わさびと辛子、砂糖と塩、同時に食べたらどっちの勝利? 

永遠のライバル「わさびと辛子」、「砂糖と塩」を同時に食べたらどっちが強いのかを、ブラックマヨネーズの吉田が挑戦。口の中に容赦なくぶち込まれていく恐ろしい状況を目の当たりにできる。食べたものだけがわかるその味覚を語ってくれた。

トイレにマネキンがあったときの人間の行動パターン 

トイレにタオル生地のような服を着せたマネキンを設置。わざと手を拭く紙を空にしておいて、トイレに入ってくる人の様子を見る。入るといきなりのマネキンで驚いていますが、みんな有効活用しています。男はやっぱり胸で手を拭く人が多い。

ガンプラの最高峰PGシリーズ「Zガンダム」の金型っていくら? 

ガンプラの最高峰ともいえるパーフェクトグレードシリーズのZガンダム。大量のパーツ数のため、完成させるのは至難の業。しかし完成したときのクオリティの高さは感動的。そのZガンダムの金型の値段は一体どのくらいするのだろうか?

JOJOオフって凄い 「ザ・ワールド vs スタープラチナ」 

奇妙なポージングや、ちょっと変わっているイカス台詞でお馴染みのJOJO。そんなJOJOの奇妙なオフ会の動画たち。圧巻の「ザ・ワールド vs スタープラチナ」や、シュールなポージング、そしてエアロスミスでボラボラなどまとめてみました。

YouTubeで流出した「当て逃げ」動画で抗議殺到 

去年の10月に足立区で起こった当て逃げ事故の映像が、6月にYouTubeにアップされ抗議が殺到している。その結果、所有者の会社に抗議の電話が殺到、所有者が懲戒免職され、インターネット上で謝罪を行ったらしい。当て逃げはむかつくからいかん。

少年たちが線路に仕掛けたとんでもないイタズラ 

DQNな若者が増加する日本では、線路に置石をして補導される事件が発生しています。しかし世界は広い。こんな豪快なイタズラをして、見事に成功してしまうんだから。電車に乗ってた人は相当びびるだろうなw 【情報元:YouTube的面白動画様】

ハリウッドセレブが夢中になるポールダンス 

マドンナやブリトニー・スピアーズがステージで取り入れるなど注目され、数年前からフィットネスとして生まれ変わったポールダンス。あのお騒がせパリスも自宅にポールダンススタジオを作ったらしい。世界大会で優勝したREIKOさんのダンスはどんな感じ?

大量のハチが入った瓶に男性器をはめる危険な挑戦 

大量のハチが入った透明な瓶に、男性器を挿入し、一定時間耐えるという危険な挑戦。馬鹿だけど度胸があることは間違いない。ギャラリーから沸き起こる拍手。その場にいる全員が馬鹿なことは言うまでもない。 【情報元:怖いYouTube様】

世界にたった1つしかないツチダ専用ザク 

ガンダムマニアとして認知されている土田氏。色んな番組でそのマニアぶりを発揮してくれていますが、その度に会話に登場する「ツチダ専用ザク」。世界にたった1つだけというレアなザク。パッケージにも土田氏の顔写真が埋め込まれている。

セーラー戦士の変身シーン「アニメと実写版の比較映像」 

美少女戦士セーラームーンに登場するセーラー戦士5人の変身シーンを、アニメ版と実写版とで比較した動画。実写版の意味不明の演出が笑いを誘ってくれる。そろそろ2次元か3次元か、自分の好みをはっきりさせておくのも悪くないかもしれない。

不老不死のサイエンス 「細胞の不死化のメカニズム」 

過去にあらゆる権力者たちが手に入れようとした「不老不死」。いずれは死んでしまう細胞を酵素の力で不死化にすることで、永遠の命を手に入れることも夢ではないらしい。まだ永遠の命はいらないので、永遠に遊ぶことができるお金が欲しい。

2020年・・・近未来の野球はこうなるらしい 

あと13年後の2020年には野球は右の写真のようになるらしい。選手の安全性を高めたバットにプロテクター、そして全自動のスパイク。1986年に放映されたSFスポーツアニメ「剛Q超児イッキマン」のようになる日も遠くはないのかもしれない。

総合格闘技でダブルノックアウトの瞬間 

アニメや漫画では壮絶な戦いの代名詞のような感じで「ダブルノックアウト」ってのをよく目にします。2人ともダウンして立ち上がれない。リアルではあまり目にすることができませんが、総合格闘技でそんなシーンを発見。2人とも苦しそうだ。

おならを自分から最も切り離せる方法 

生理現象の一つなので、どうしようもない「おなら」。一人のときにする分には問題ないですが、大勢の人がいる場所や密室では大問題。どうすればおならを自分から切り離せるかを検証。臭いが視覚的に見えるとオモシロイ。 【情報元:たらすこの部屋様】

乗馬と違って乗牛はかなり汚い 

優雅で上品でお金持ちのイメージが強い乗馬。その乗馬に使うハミを、牛に「カチャーン」と装備して「乗牛」に挑戦しちゃう映像。とりあえず乗ることは全く問題ないのですが、口元が猛烈に汚い。やっぱり牛は乗るよりも焼いて喰ったがいい。

ゲームのパッケージを日本版と海外版で比較してみる 

日本国内だけでなく、海外でも発売されているゲームのパッケージを比較した動画。日本では鳥山明先生のイラストで認知されているドラゴンクエストですが、海外版のパッケージはすんごい濃~いイラスト。特にロックマンは衝撃的。 【情報元:SWFBLOG様】

双子タマゴを見分ける方法 

一つの殻の中に2つの黄身がある双子タマゴ。初めて産卵するニワトリが産むことがあるそうです。タマゴを割ってみたら双子タマゴだったってだけで、ちょっとテンションが上がったりもする。そんなちょっぴり嬉しい双子タマゴを見分ける方法を紹介。

最近の親が子供に名付けるDQNネーム劇場 

最近の親が子供に名づけるドキュンなネーミング集。読むことができない当て字や、ヲタ系のアニメキャラのネーミングなど、こんな名前を付けられた子供は大きくなって何を思うのだろうか。剣と書いて「ぶれいど」って・・・ 【情報元:スピードネーター様】

小学校1年生の女子が書いたダジャレスケッチ 

小学校1年生の女子が考えたダジャレを、イラストと共に紹介しているサイト「ダジャレスケッチ」。この間まで幼稚園児だった子の考えたダジャレをイラストで見れるなんて、リアルではそうそうできないんだから、見ておくのも悪くないと思う。

グロいね。黒くて巨大なカタツムリ 

このカタツムリ・・・・・・・・・なんかグロイね。リアルに黒いし、その色のせいか、かなり重量があるように見えるし。こんなのがアジサイの葉っぱの上に、君臨してたら、びっくりして逃げるよ。それにしても立派な貝を背負ってますな。

ビールの中にアポロを入れるとオモシロイ 

コーラにメントスを入れると、コーラが吹き出るってのは、もはやデフォルトな実験だけど、ビールにアポロってのは初耳。これは見ていて楽しい。たくさんアポロを入れるともっと楽しい。これ最初に発見した人は、かなり興奮したと思うぞ。

あり得ないほどの長髪「ロングヘアーカンフーマン」 

一般的なイメージでは、カンフーマンは頭を丸めているものですが、これはあり得ないほどの長髪のカンフーマンが活躍するという動画。万有製薬がお届けするこの「ロングヘアーカンフーマン」は全6話。全てがシュールな作品。 【情報元:はっぴぺ通信様】

カブトムシと体を張ったガチンコ綱引き対決 

これはお馬鹿すぎて笑える対決w。子供たちのヒーローであると同時に、昆虫界きっての力持ちである「カブトムシ」と綱引きで対決。「負けでいいから」って・・・ヨダレも垂れてるし。これは良い馬鹿ですね。本当にご馳走様でした。 【情報元:SWFBLOG様】

コンパで確実にメルアドをGETする方法 

芸人を代表するコンパの達人であるカラテカ入江と、スピードワゴンの井戸田の2人が、確実に(?)メールアドレスをGETできる方法を伝授してくれる。確実かどうかは置いといて、疲れているときに見ると、ハイテンションすぎて見てられない。

アラビアの尋常じゃないドライビングテクニック 

ドリフトとかそんなレベルじゃねええぞ!と突っ込みを入れたくなるようなドライビングテクニックの映像。こんなにグルングルン回っているのに、意外にも真っ直ぐに走れるものなんだなと感心してしまった。失敗して大惨事になっても知らんぞ。

おっさんのスカートの中を人は覗くのか? 

脚立の上の女性のスカートをどうやって覗くのかっていうドッキリはよく見かけますが、これは女性ではなくて男性で、しかもおっさんです。脚立の上のおっさんのスカートの中を、下で支える人間はどういう精神状態になるのだろうか。



人気ページランキング


アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。